FX会社の選び方

 

FX会社の選び方

先見えないの時代にFXで風穴を開ける!

「100万を1億に増やせる投資」。「ハイリクスハイリターン」。「外国為替」。FXに対するイメージは人それぞれでしょう。昨今は、空前の個人投資ブームを迎えています。急速なインターネットの普及により、自宅でネット取引をする個人投資家が急激に増えていることが理由に挙げられます。株式投資などもネットのおかげで手軽に始められるようになりましたが、投資家の間では断然FXの方が人気です。FXは、外貨投資や株式投資などの経験がなくても、簡単に仕組みが理解でき、さらに資産を大きく増やすことができるからです。書店に行けば投資のコーナーにはFXの書籍が数え切れないほど陳列し、その人気を物語っています。長引く不況の影響を受け、資産を思うように増やせない状況の中、いや、増やすどころか目減りする一方ではないでしょうか。こんな経済情勢の中、FXはどうにか資産を増やしたいと願う人たちから熱視線が注がれています。そもそも「FX」とは何を意味するのでしょうか。お答えします。FXとはForeign Exchangeの略です。訳すと「外国為替証拠金取引」となります。証拠金という言葉が表すように、証拠金をFX会社に預けて、その会社を仲介にして日本の通貨(円)と外国の通貨(ドル・ユーロ)、または外国の通貨同士を売買して、お金を稼ぐ取引です。外貨を買ったり、売ったりする取引です。

FXの歴史は意外と最近です

FXの歴史を紐解くと、1998年の外為法改正によって、一部の銀行などで限られていた外国為替業務が一般企業などにも認可され、個人投資家も参加できる環境が整い、投資家たちの間で一気に普及しました。FXが一般的になったのもここ数十年です。外貨預金や外貨MMFなど外国為替の金融商品はたくさんありますが、FXは似ているようで似ていない商品です。違いはたくさんありますが、あえて挙げるなら少額の資金でその何倍もの取引ができることが一番の魅力です。例えば、証拠金の10〜20倍の外貨を取引することができます。そのため戦略によっては何億も稼ぐことができます。株式投資とFXの違いは24時間いつでも取引ができ、パソコンはもちろん、ケータイからも取引することができます。FXの市場はいつでも開いているのです。

FXは少ない資金でも大きな取引ができる点が魅力です。投資を全くしたことのない方にとっては、「FX」は難解で、というイメージを持つかもしれませんが、FXの仕組みはそんなに難しいものではありません。いたってシンプルです。個人投資家へ開かれてまだ数十年しか立っていません。ケータイなどから24時間いつでも取引できます。
つぶやく Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに追加 livedoorクリップに投稿